集中できない、緊張がなかなか解けない!とお悩みなら必見です!

人間は、生きていく上で様々な事に対して集中して取り組まなければなりません。学生の頃なら、良い成績を修める為に勉強をしますし、大人になってからも仕事の効率を上げるためには、しっかり集中する事が不可欠です。

ところが、勉強や仕事となると、苦手な内容に取り組まなければならない、という事が多々あります。すると、なかなかやる気が起きない、やらなければならない事なのに全然集中できない…という状態になってしまう。「あるある~」なんて頷いてしまいそうですよね。それだけ、「どうすればすぐに集中できるのか?」「集中力を長続きさせたい!」という悩みを抱えている人は多いのです。

それとは逆に、集中しすぎるあまりに困ってしまう事もあります。人生の中では、今後の自身の将来を左右する、大切な場面に何度か向きあう事になるのは避けられません。具体的には、沢山の人の前での発表や、重役が見ている中での会議、大企業への就職がかかった面接、等です。このような場面で、集中する気持ちが高ぶり、極度に緊張してしまった、という経験をした事はありませんか?アガリ症の人だと、うまく話せなくなってしまう等、深刻に悩んでいるという人もいらっしゃいますよね。

ここで、少し思い出してみて下さい。子供の頃、友達と公園で遊んでいたら夢中になってしまい、いつのまにか外が暗くなっていた…このような経験はありませんか?本来であれば人間は、緊張せず、時間を忘れてしまう程の集中を、簡単にできるのです。ですから、普段から環境を整えたり、ちょっとしたポイントを意識するだけで簡単に「リラックスして集中力を持続させる」方法を身につける事ができるのです。

つまり、ちょっと努力するだけで、集中力は自由自在にコントロールする事が可能です!

集中力は、大人だけでなく子供でも、身につける事ができます!

集中力についての悩みは、「勉強や仕事にしっかり取り組みたい!」と自分自身で感じている、という例が一番多いと思います。しかし、身近な事でも、集中力が悩みの種の原因になる例が、非常に多く存在します。

例えば、女性は一般的には「綺麗好き」というイメージを持たれがちですが、主婦の中でも掃除が苦手な女性はいます。何故掃除ができないのかと言うと、「気が散ってしまい、掃除に全く集中できない」という理由だったりします。

自分自身の集中力ではなく、自分の子供の集中力について頭を悩ませている、という人もいます。「子供の通信簿を見て、成績の悪さにビックリ!でも、勉強しろと言っても全然取り組まない…」子供は、自分の好きな事だけにしか興味を持たない、という事も多く、仕方のない事かもしれません。それでも、親として、なんとかしたい…。育児の悩みは尽きませんよね。

でも、安心して下さい!集中力は、子供でも大人でも関係なく、誰にでも簡単に身につける事が可能です!

当サイトでは、どんな人でも集中できるようになる方法や、集中力を支えるリラックスについての雑学を多くまとめています。ここぞ!という時のために役立つ情報ばかりですので、集中力に関する悩みは、スパっと解決しちゃいましょう!

臨機応変、15分だけ!社会人のリラックス&集中スキルアップ術

勉強は学生だけでなく、社会人にも身近な存在です。仕事で良い結果を残すには、常に勉強をしなければなりません。例えば、どうやったらお客さんの興味を惹く事が出来るのか。どうやったらコストをもっと減らせるのか。このような事を解決する為にも勉強は必要です。また、少し前とは違って、現在の日本の労働社会は少し不安定な所があります。大企業だからといって、絶対に会社の経営が上手くいくとは限りませんから、昔のように「ある程度、何でもソツなく出来る人」より、何かに特化した知識や個性がある人を中心に、出来るだけ能力の高い人材を集めたいという会社は多くなってきています。ですから、個人としても、誰でもできるような事をやっている現状に満足するのではなく、「自分でなければできない事を増やそう」と、スキルアップを考える事は珍しくありません。その成果が確認できる証明としては、国家資格等が挙げられますね。

しかし、学生の頃なら資格の勉強を中心とした生活をする事もできますが、既に仕事で多忙な社会人が、資格を取得しようと考えて勉強の計画を立てようとしても、なかなかうまくいかない事もあります。平日は残業したり、会社の飲み会につきあう事がありますし、休日はその疲れを癒すのに、ゆっくりと休みたいですよね。そうこうしているうちに、資格の勉強をする時間がなく、日々が過ぎていく…という状況です。つい「忙しいから無理だ…」と諦めてしまいそうです。でも、ちょっと待って下さい!そんな人にオススメのスキルアップ術をご紹介します!

そのスキルアップ術のキーワードは「15分」。「15分」という時間が、魔法の時間に変わるのです。実は、人間は元々、長い時間集中する事ができない生き物です。精々、集中し続けられる時間は長くても30分程度で、1時間集中し続ける事はできません。つまり、元々長い時間集中できないのであれば、長い時間かけて学習しても、暗記できなかったり、学習効果が薄いものになってしまいます。となると、「勉強は長い時間じっくりとやる」ではなく「学習時間に長い時間を確保する必要は全くない」という訳ですよね。ですから、短時間の勉強をするのが最もリラックスして集中できる、効率が良い方法という事になります。

忙しくて全然勉強できない!という人でも、1時間ではなく、たった「15分」だったら確保できそうですよね。例えば、「15分」を確保するのに、朝15分だけ早起きする、夜寝る時間を15分だけ遅くする、という程度なら、今までの生活リズムを崩す程ではありません。それに、電車での通勤時間や、入浴時間、仕事の休憩時間等の生活の隙間でも、15分位なら気軽に確保できますよね。

「15分」というのはすごく短い時間のように感じるのもポイントです。1時間ずっと勉強するのはやる気がでなくても、まず15分、とりあえず漢字や英単語の書き取りをし続けよう、専門書を5ページ読もう、という程度なら、音楽を聞きながら、タバコを吸いながら、片手でおにぎりやサンドイッチを食べながら、といった「ながら勉強」でもできそうですよね。学生の頃は、親御さんに「ながら勉強はやめなさい!」と怒られた経験のある人もいるかもしれませんが、この勉強法は意外な事に効果があります。例えば、音楽を聞きながら英単語の書き取りを続けていると、後からでも「あの曲のメロディの辺りで書いた言葉だ」と、思い出すように覚える事がありますよね。ただ、テレビを見ながら勉強をして、テレビの方に夢中になるのはNGですので、ご注意を。あくまで、「ながら」の対象をメインにしなければ学習効果が出るのです。

知らなきゃもったいない!リラックスできる正しいお風呂の入り方

お風呂に入ると、汗や体の汚れを落としてスッキリするので、男女問わず入浴が好きな人は多いですよね。実は、湯船にじっくりつかる習慣があるのは世界的に見ても珍しく、海外では入浴と言うと、シャワーだけを使う事を指す場合が多いのです。日本には全国各地に温泉や銭湯があり、昔からお風呂に入る習慣がありますが、これはとっても幸せな事なのですね。

ところが、子供の頃からお風呂は身近なものであるのに関わらず、「正しい入浴方法を説明できますか?」と聞かれたら、具体的に答えられるという人は少ないのではないでしょうか?自己流で入浴するより、正しい方法で入浴した方が、確実にリラックスできます。いつもお風呂でリラックスできれば、ぐっすり快眠できて、次の日の仕事や勉強にもしっかり集中できるはずです。折角、じっくり入浴できる環境で生活しているのですから、最もリラックスできる入浴方法をマスターしちゃいましょう!

正しいお風呂の入浴方法の手順を、入浴前、入浴中、入浴後の3場面ごとに紹介します。

まず、入浴前の準備から。殆どの人は、普段、お風呂に入る時間は夕方~夜の時間帯で、寝る前に入浴するという人も多いですよね。お風呂に入ると体が温まるので、入浴によるリラックス効果で、睡眠効果も高まります。しかし、その効果は入浴後すぐではなく、だんだん体の温かさが落ちついていく間に発揮されていきます。ですから、寝る直前に入浴してしまうと、逆に目が冴えてしまいますので、就寝したい時間の1~2時間前頃に入浴するのがベター。又、食事の直前直後や、激しい運動をした直後、飲酒直後等、体に負担がかかっている状態の時は、それが落ちついてから入浴します。入浴前には、汗や老廃物を効率よく出すためにコップ1杯の水を飲みましょう。

また、浴室の温度を上げて湯の温度との温度差を小さくする事も忘れないで下さい。高齢者が入浴の際、脳卒中になってしまう、という事がよくありますよね。肌寒い浴室から温かい湯にすぐに浸かると、温度に大きな違いがあるので血圧が急上昇してしまうのです。それは体にとって負担の大きい事で、ストレスに繋がってしまいます。

次に、入浴中の手順。お風呂の湯の温度は、熱すぎると目が冴えてしまい、覚醒してしまいますので、寝る前の入浴には向いていません。37~40℃程度の少しぬるく感じる温度の湯に、体にかけ湯をして湯の温度になじませてから、30分程度、半身浴をします。それが最も体の負担が少なく、リラックスできます。肩こりが酷い場合は、全身浴の方が肩や背中が直接温まるのでオススメですが、その場合は長風呂にならないように注意して下さい。ちなみに、リラックスできる効果のある香りや効能を持つ入浴剤を使ったり、湯船の中で体ををマッサージするのも効果的です。特に体が温まっている状態でマッサージをできるので、ふくらはぎ等の下半身を揉むと、むくみを解消する事もできます。また、最初に髪や体を洗うより、湯船で浸かって汗をかいてからの洗った方が、汚れが浮き出た後に洗い流せるので効率が良くなります。

最後に、入浴後のケアについて。入浴前にも水を飲む事を既に述べていますが、入浴後も水分補給をしましょう。実は、たった30分入浴しただけでも、思った以上に汗をかいています。ただ、冷たすぎる温度のものを飲むと、折角温めた体が冷えて、十分なリラックス効果を得られなくなりますので避けましょう。オススメとしては、人肌程度の温度のミネラルウォーターや、ホットミルク。ホットミルクには、睡眠効果を高める成分が含まれていますから、飲むと熟睡でき、十分リラックスできます。

集中「しながら」リラックス!?夢のフロー状態を実現するには

真剣に集中しなければならない事に取り組んでいるのに、笑顔で、とてもリラックスしている状態になっている、という人を見た事はありますか?スポーツの試合や大会の中継を見る機会が多い人だと、心当たりがあるのではないでしょうか?例えば、長距離マラソンで、肉体がかなり疲労してきている、コースの後半にも関わらず、ペースを崩さずにニコニコと笑顔で走り続け、優秀な成績でゴールする選手がいますよね。

普通なら、人間が何かに集中する時は、真剣な表情で、少し緊張して取り組む事が多いのですが、これらの例のように、「集中しているにも関わらず、とてもリラックスしている状態」になる事があります。「リラックス」と言う単語を聞くと、体を休ませていて、力が抜けているような状態を思い浮かべる事が多いと思うのですが、実はリラックスには2種類の状態があります。1つは、今、既に述べたような、体を休ませるのに向いている、ぼんやりとした状態。もう1つは、脳が覚醒していて、集中しやすくなる状態です。この後者のリラックス状態が、「集中しているにも関わらず、とてもリラックスしている状態」の時には当てはまります。この状態は、心理学の専門用語で「フロー状態」と言い、集中力を最大限に生かせる状態です。

大企業の面接の際等、大きなプレッシャーのある状況では、集中しすぎてしまうと、緊張して体が強張ってしまったり、うまく喋れなくなる事がありますよね。集中する事とリラックスする事は、全く逆の要素のように思えるのですが、集中したい時にはある程度リラックスする事も必要なのです。子供の頃に、遊ぶのに夢中になって時間が過ぎるのを忘れてしまったという事はないでしょうか?これもフロー状態の例のひとつです。フロー状態は、集中とリラックス、どちらも最高に高まっている状態なので、取り組みたい事に、時間も忘れるほど没頭し続ける事が出来るのです。普段の仕事や勉強に集中する時も、意識してフロー状態になる事ができれば、時間を忘れるほど熱中できる訳ですから、かなり効率が良くなりますよね。フロー状態になるために、意識するべき条件として、以下の3つがあります。

まず、「自分が何をしたいのか、何をするべきか理解できている」という事。勉強なら、「英語のテストで90点は取りたい」といった目標に近いものです。そのために何をしなければならないのかという事も自分の頭で生理整頓できていなければなりません。単純に英語の語彙がないのであれば、単語帳を作ったり、単純な書きとり学習をして暗記する。リスニングが苦手なら、自分で音読をしたり、英語のCDを聞き続ける、といった具体的な方法をイメージできれば、後は行動するだけいいので、立ち止まる事がありません。

次に「集中したい事が、難しすぎず簡単すぎない」という事。上記の英語の勉強例で言えば、自分で理解できる範囲を学習しても脳には新しい情報がなく刺激がありませんし、理解できない範囲を学習してもやる気が出なくなってしまいます。ほどほどに難しい事にチャレンジすると、答えが分かるたびに快感を得られるようになるので、自然と集中していきます。

最後に、「自分自身の事を忘れてしまう」という事。人間は、自分に関する事には、最も気が散ってしまいやすいので、携帯電話やアルバム等の自分に関するものは目に触れさせないようにしましょう。また、親や友人に自分の名前を呼ばれるのも自分自身の事を思い出し、集中が途切れてしまいます。どうしても集中したい時は、勉強なら図書館や喫茶店に行くといった、妨害されない環境に移動するのも有効です。

徹底検証!集中力UPをサポートするサプリがあるって本当?

集中力を高める為に最低限必要な事として、体を健康に保つ事が挙げられます。ストレスが溜まってイライラしていたり、風邪をひいて高熱がある様では、どんなに集中しようとしても体の不調のせいで気が散りやすくなるからです。体が健康な状態で、脳に十分な酸素と栄養を与えれば、脳が活性化する事ができ、集中しやすい状態を作る事ができます。脳に十分な酸素を送るのは、寝不足にならないよう十分に睡眠をとり、普段から呼吸をするだけでクリアする事が出来ます。それでは、脳に栄養を与えるにはどうしたら良いのでしょうか?

脳に栄養を与えるのは難しい事ではなく、食事を取るだけでクリアする事が出来ます。普段からバランスの良い食事を、朝・昼・夜、1日3食しっかり食べるだけで良いのです。特に、脳を集中させやすい物質が多く含まれている食べ物も存在します。マグロ、イワシ、アジ、サンマ、サバ…といった魚に含まれる、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が最も有名で、脳内での神経伝達をスムーズにして、記憶したり学習する能力を向上させる働きがあり、集中力を高めてくれます。

しかし、普段から多忙で、不規則な生活をしていると、つい朝ご飯を抜いてしまって3食食べる事ができない、いつもバランスの良い食事を食べる事はできそうない…という事もありますよね。それに、人によっては、食べ物には好き嫌いがあります。EPAやDHAを摂取する為には、なるべく魚を食べなければならないという前提になります。日本は海に囲まれた島国ですから、昔から魚を食べる事には馴染みが深かったのですが、近年では食生活も欧米化するにつれて、魚嫌いの人が増加傾向にあるというデータがあります。嫌いな食べ物を積極的に食べられるようにするという事は、体に良いと分かっていてもなかなか難しいですよね。

そんな時に役立つのが「サプリメント」です。女性なら、美容成分のサプリメントを愛用している人も多いですよね。サプリメントは、食べ物等から特定の成分を抽出して作られる健康食品です。錠剤の様な見た目のものを飲むタイプから、フルーツ等の味がついていて、ラムネのようにポリポリと噛んで食べられるタイプもあり、どちらも特定の成分を手軽に摂取しやすいという利点があります。サプリメントが販売されるようになった当初は、女性向けにコラーゲン等の美容目的の商品が多かったのですが、最近では体の調子を整えたりする目的で多種多様な成分のサプリメントが販売されています。

その中には、集中力をサポートするサプリメントもあります。既に述べた、EPAやDHAは勿論の事、集中力や記憶力を強くするサプリメントにはPS(ホスファチジルセリン)やイチョウ葉エキスといった成分の商品もあります。EPAやDHAは魚から摂取できますが、元々食品から摂取するだけだと、摂取するべき量より不足している事が多いという統計があります。かといって、どんなに体に良い食べ物でも食べ過ぎは体によくありませんから、魚を食べる量を極端に増やすというのも考えものです。ですから、普段の食事に加えてサプリメントで不足分を補うのがベストなのです。ちなみに、PSやイチョウ葉エキスは一般的な食品からは摂取する事ができず、サプリメントでしか摂取できません。普段、魚を結構食べるからEPA、DHAのサプリメントはいらないんじゃないかな…と思っている人にはこちらがオススメです。

尚、サプリメント自体は薬ではありませんが、普段から飲んでいる薬がある場合は、その薬の効き目に影響してしまう事がありますので、事前に主治医に相談して下さいね。