仕事の疲れもスッキリ解消!睡眠効果を高めるリラックス方法

学生の頃、テストの前に、慌てて勉強したけれども、結果は散々だった…。というほろ苦~い記憶を持つ人は結構いると思います。睡眠時間を削って長い時間勉強したのに、当日になると何故か全然覚えていなかった…というような状態に覚えはないでしょうか?それもそのはず、きちんと睡眠時間を取らなければ、人間の脳は、酸欠状態になり、あくびも出るようになります。脳が酸欠で疲れてしまうと、上手く活性化できないため、思う様に集中できなくなります。そのような状態で勉強しても、集中できていなければ記憶する事も思う様に出来ないので、テストの当日にはすっかり忘れてしまうという事になるのです。

ですから、集中して物事に取り組むためには、しっかり睡眠時間を確保する事が大切です。若い年齢の頃なら多少、睡眠時間が少なくても体力でカバーできます。しかしそれが年齢を重ねていくと、体力は衰えていきますから、カバーが難しくなっていきます。にも関わらず、仕事で毎日残業があったり、締切が近い書類があったりすると、どうしても睡眠時間を削ってしまいがちです。睡眠時間が少なくなりやすいのは仕方のない事かもしれませんが、その少ない睡眠時間ですら思う様に寝つく事が出来ず、体の疲れが取れない、という悩みを持つ人は多いでしょう。その様な人は、翌日の仕事に眠気やイライラで集中できなくなったり、そのせいでまた残業してしまったり…、と悪循環ができあがってしまう事があります。

世の中には、普段から少ない睡眠時間しかないのに、日中はテキパキと集中して活動できる、という人がいますよね。勿論、単純に人によって必要な睡眠時間が違うという理由もありますが、そのような人の中には、少ない睡眠時間でも熟睡しており、睡眠効果が高いために、疲れづらい生活をしているというパターンもあります。このように、少ない睡眠時間でもリラックスして熟睡するには、一体何をすればよいのでしょうか?睡眠効果を高めるリラックスするには以下の方法がありますので、是非試してみて下さい。

まず、就寝の2時間前位までには、入浴を済ませましょう。半身浴で自然な汗をかく、30分程度の入浴が深い眠りを誘うのにベストです。その際、リラックスできる効果の香りがする入浴剤を使うのも効果的です。就寝直前に熱湯風呂に入ったり、長時間ダラダラ過ごすのはかえって眠気が覚めてしまうので避けましょう。

次に、就寝前にミルクやココア等、牛乳が含まれる飲み物を、人肌程度に温めて飲む事です。ちなみにこちらも、熱すぎる温度は避けて下さい。牛乳には眠気を促す成分がありますし、何より眠る前に飲む習慣付けをすれば「これからぐっすり眠る事ができるんだ」、と自分自身に思いこませてプラシーボ効果を期待する事ができます。

そして、リラックスできる音楽をBGMにして就寝する事です。飛行機の飛び立つ音など、とても激しくうるさい音の環境の中では絶対に眠る事ができないのは当たり前ですが、逆に全くの無音の環境の中でも、人は不自然なものは不愉快だったり不安に感じてしまうので、なかなか眠る事ができなくなってしまいます。個人的に好きな音楽をかけてリラックスするのも良いのですが、好きだからといってロックバンド等の曲をかけると、つい自分も頭の中で歌いだしてしまい、頭が覚醒してしまう事もあるので避けた方が無難です。ゆったりとしたテンポのクラシックや、さざ波等の自然の音を収録したリラクゼーションCDがオススメです。同じ様に身の回りの環境を整えるため、就寝の1時間前には電気を消灯もしくは橙色にして、携帯電話やパソコンの強い光を見る事は避けましょう。