実は病気だった!?「どうしても集中できない」状態のメカニズム

「勉強や仕事に集中できずに困っている」という人は沢山います。しかも、子供から大人まで、男女問わずに多い悩みです。ですから、当サイトのように、集中力を身につけるテクニック等の特集は、テレビ、雑誌等でも数多く紹介されています。

簡単に集中力を身につける方法は沢山あります。まずは、肉体的に健康な状態を保つ事が第一です。風邪等の病気で頭が痛い、お腹が痛い、高熱が出ている…といった時、体に強い痛みがあればそちらに意識が向かってしまうのは仕方のない事ですし、高熱であれば脳がうまく機能しませんから、当然、集中する事はままなりませんよね。他にも、寝不足の時も、あくびをかく頃には脳が酸欠状態になっているので脳が十分機能せず、集中する事ができません。

集中するためには、集中できる空間で作業をする事が効果的だとされています。勉強であれば、気が散ってしまうものはとにかく隠すとか、好きな音楽をBGMにしたり、図書館や喫茶店等、集中しやすい場所に行く、といった方法が有名ですよね。他にも、長時間ずっと集中し続けようとするのではなく、適度にストレッチをしたり、集中力に効果的なレモン等の香りをかいだり、コーヒーを飲んだり、という気分転換を挟む方法が手軽ですよね。

これらの様々な方法によって「集中しやすい体の状態」を作る事は、比較的簡単だとされています。しかし、それらのどんな方法を試してみても、全然集中できない、という事があります。確かに、人それぞれ、集中力に繋がる「やる気」を引きだす方法が違いますから、単純にこれらの方法がその人には合っていなかった、という事もあるので、多少試した程度では集中できない事があります。しかし、沢山の方法を試したのに、イマイチ効果が出ない…という時は、「病気」の可能性もあります。

「病気の可能性がある」と言っても、脳に腫瘍がある等、病院の外科や内科の診察で、すぐに判明する病気ではありません。ここで言う「病気」というのは、うつ病、統合失調症、不安障害等の「心の病気」の事を指します。実は、これらの心の病気でも、「どうしても集中できない」という症状が出る事があるのをご存知でしょうか?

近年の日本の社会では、医療技術が発達しているため、とても珍しい病気等でなければ、大抵の病気を治療できるようになりました。ところが、現代社会では、様々なストレスによって、心の病気にかかってしまう事が珍しくなくなりました。少し前まで、健康で明るかった人が、ちょっとした環境の変化で、うつ病になってしまった、という例は数多く存在します。特にうつ病は、「心の風邪」とも言われている程、身近に潜んでいます。

なぜ、うつ病等にかかると集中力がでなくなるのかと言うと、健康な状態の人でも気分が落ち込んだり、イライラしたり、という感情が多くなりますが、うつ病であれば、それが常に落ち着かなくなります。すると、食欲が出ない、安眠できない、強い疲労感が残る、といった肉体的に見て健康とは言えない状態に陥ります。最初に既に述べましたが、人が集中するには体が健康でなければなりませんから、体が不健康な以上、何をやっても集中できない状態になるのです。

うつの症状は、健康な人が少しブルーになった時と同様の症状が多いので、病気かどうかの判断は、セルフチェックだけではなかなか判断しづらいところがあります。しかし、集中できないために人の話をすぐに理解できないとか、幻聴が聞こえて集中できない等、日常生活に支障がでているのであれば重症のうつ病の可能性もありますので、早めに精神科や神経科を受診する事をオススメします。

落ち着きのない、やんちゃな子供を勉強に集中させる3つのコツ

気が散ってしまうから集中力をつけたい…と悩むのは、自分自身に対する時だけではありません。例えば、子育てにおける場面でも、集中力の悩みがあるというのは珍しい事ではありません。自分の子供の成績は、出来れば良い方が、子供自身の将来的にも役立ちますし、親としても嬉しいですよね。少し苦手な教科がひとつある、という程度ならまだしも、どれもこれも良いとは言えない成績だと、自宅学習の時間をもっと注意して見てあげよう、塾に通わせよう、等と対策を考えなければならないでしょう。自主的に、勉強にやる気を出してくれれば一番良いのですが、そのレベルになっている子供の中には、勉強する事自体を嫌いになっている場合があり、なかなか勉強に集中する事ができないため、どうしたものかと頭を悩ませてしまいますね。

元々、人間の集中力は長く続くものではありません。医学的には、大人でも、1時間以上集中した状態を保つ事はできず、精々40分程度が限界であると言われています。子供はまだ知識が十分に蓄積されていない為、様々な事に興味を持ちやすく意識が色々な方向に向きがちです。ですから、1つの物事だけに集中しづらく、大人よりも集中し続けられる時間は短くなります。そもそも精神年齢が比較的まだ幼い小学校低学年の間や、好奇心旺盛でやんちゃな性格の子供だと、より顕著になります。そのような子供に、勉強に集中させるためのコツを、ここで3つ、ご紹介します。

まず1つ目に、子供の気を散らさない環境作りをします。大人でも、やりたくない事に取り組まなければならない時に、面白そうな雑誌やテレビが目で見える範囲にあると、ついつい見てしまい、気が散ってしまうという事がありますよね。それが子供となると、大人よりも我慢や忍耐というものがまだ身についていませんから、話題のゲームソフト等、興味をそそる玩具が見えれば勉強の事など忘れて遊んでしまうでしょう。ですから、そういったモノの類は、子供の目に見えない、触れられない場所に徹底的に隠しましょう。

そして2つ目に、勉強方法を一工夫しましょう。ただ教科書や問題集を用意して、取り組みなさいと渡しても、勉強が苦手な子供が自主的に勉強に集中する事は滅多にありません。まずは勉強に興味を持ってもらう事からチャレンジしてみて下さい。子供が興味をそそらてつい集中してしまう勉強方法には、いくつかのポイントがあります。まず、内容は簡単なものにする事。最初から難しい内容を勉強させようとしても、すぐには理解できないため飽きやすくなるからです。次に、短時間で一度区切りをつける。集中力は大人でも長続きしないわけですから、最初から10~15分程度で終わる勉強内容を用意してあげましょう。そして、解けたら褒めたり、アドバイスをしてあげるのを忘れないでください。

例えば具体的には、基本的な問題ばかりのプリント1~2枚を解かせて、やり遂げたり、間違いが少なければきちんと褒めてあげます。そして更に、それより少し難しい内容のプリントを1枚用意して、「このスペシャル問題が解けるかな?解けたら、今日の夕飯は○○君の大好きなカレーだよ!」と、ゲームに取り組むように楽しくステップアップできるよう導いてあげるのがベストです。

最後の3つ目に大切な事として、親がすぐに諦めてしまわない事です。子供が集中しづらいのは仕方のない事ですが、絶対に集中できないという訳ではありません。勉強方法を工夫したのに、やっぱり興味を持たなかったり、集中してくれず長続きしなかったとしても、その方法が子供に合っていなかった、又はまだ慣れていなかっただけという事もあります。

静かな自宅より、賑やかな喫茶店の方が集中できる5つの理由

賑やかな街中には数多くの喫茶店があります。喫茶店の客層は様々ですが、中には軽食を食べながら勉強をする学生さんや、コーヒーを飲みながらタブレットで作業をしているサラリーマンなど、集中している人をよく見かけますよね。営業の外回り等の移動中に喫茶店を見かけて、作業をするのにちょうど良かったから、というような理由で喫茶店で作業をするという事もあります。しかし、「自宅よりも集中できるから」という理由で、わざわざ喫茶店で作業をする、という人もいますよね。リラックスできる自宅や、静かな図書館での作業で集中できるのは理解できますが、何故賑やかな音に囲まれやすい喫茶店でも集中できるのでしょうか?それには、5つの理由があります。

まず、その「喫茶店での賑やかさ」が集中するのに適切な音量であるという理由です。身の周りで聞こえる音が大きすぎると、その音で気が散ってしまいますから、出来る限り静かな空間の方が、集中しやすいと思いますよね。しかし、実際はそうではありません。実は、全くの無音の空間だと、騒がしい空間と同様になかなか集中できません。なぜなら、無音の空間というのは本来自然にはありえない空間ですから、自分自身は無意識でも不快に感じてしまうからです。喫茶店によっては、心地よいBGMを流していますから、そのおかげで集中しやすい事もあります。

次に、「誰かに見られている」中で作業するからです。周りの人に見られている中で勉強や仕事をしていると、無意識に「人に見られているから、きちんと作業に取り組まなくちゃ!」と思い、集中して取り組めるようになります。自宅や会社でも、家族や同僚等に見られる事によってこの効果を得られる事がありますが、喫茶店の場合だと、周りの人は知らない人ばかりですから、「気を抜いている姿は、変に思われてしまうかも…」と、気を遣うので、適度な緊張感を保てるのです。

また、喫茶店で作業するには、制限時間があります。喫茶店は、普通のレストランに比べると、友人との談笑や、まったりと読書を楽しむ場としても利用できるので、比較的長めに滞在時間を確保できます。しかし、だからといって「何時間もいても構わない」という喫茶店は殆どありませんよね。適度に間隔を置いて追加注文をするという事なら兎も角、普通なら1時間程度、どんなに長くても、せいぜい2~3時間程度で会計を済ませる事が多いでしょう。ですから、意識して作業のスピードを上げようとするため、集中できるのです。

他にも、喫茶店という場所にあえて行く事によって、自分自身に対する誘惑が少なくなる、という利点があります。自宅は、自分自身の私物や雑誌、テレビ等、ついつい気が散ってしまいやすいものに気軽に触れられる環境です。勉強するのにオススメとされる図書館でも、読書好きの人なら、気になってしまうタイトルの本を見かけて、つい読み込んでしまった…という事はありますよね。対して、喫茶店であれば、当然ですが自分の持ってきたもの位しか自由に触れられる物がありませんから、強制的にそれに集中する、という事が出来るのですね。

最後に、喫茶店のある飲み物が関わっています。喫茶店と言えば?…そう、コーヒーですよね。集中して作業をしたい時にはコーヒーを飲む、という習慣の人も多いですよね。コーヒーには、カフェインが含まれており、眠気覚ましに有効という事が有名です。眠気覚まし以外にも、カフェインには脳を覚醒させて、疲労感を解消し、集中力を高める効果があります。ですから、喫茶店で集中して取り組みたい事がある時は、まずはコーヒーを1杯、注文してみると良いのではないでしょうか?

絶対緊張しちゃう!大事な面接をリラックスで乗り切るテクニック

バブル景気の頃とは違い、現在の日本は好景気ではありませんし、良い成績で有名な大学を卒業したからといって、必ず大企業に就職できるとは限りません。就職する為には、ほぼ必ず面接をしなければなりません。どのような会社でも、必ず人との付き合いがあります。面接では、初めて会った人にも自分の意見をうまく伝えられるかどうか、という単純なコミュニケーション能力を確認する事ができます。それに、入社したらこのような事がしたい、という具体的なビジョンを持つ人物と分かれば、会社にとって有益な人材になる事が分かりますから、企業側にとっても面接は大切なのです。

筆記試験の成績が、ある程度同じ位の人物が2人いて、1人だけ採用したいと考えているなら、最終的に面接の良し悪しで決めるという人事担当は多いでしょう。ですから、就職できるかどうかを左右するのは、ほぼ面接を乗り切れるかどうかと言っても過言ではありません。それだけに、面接には集中して臨まなければなりませんが、極度のプレッシャーによって、集中し過ぎるあまりに、体が硬くなりうまく喋れなくなってしまう…いわゆる「アガリ症」の症状に襲われてしまう事があります。

適度にリラックスしつつ、面接に集中できればいいのですが、具体的にどうやったらいいのか分からない、と困っている人は多いですよね。…実は、面接でも簡単にリラックスできる方法があるんです!それには、なんとたったの2つのテクニックをおさえるだけです。

まず、第一に、面接をリラックスして受けるための準備をします。この準備の基本として、「心に余裕を持たせる」という事が基本です。心に余裕を持たせるための準備を、とにかく沢山取り組むのです。具体的な準備例としては、「面接の練習をする(シミュレーション)をする」という事です。極度の緊張状態は、今まで経験した事のない場所や体験で起こりやすいものです。例えば、小学生の頃を思い出してみて下さい。入学式の時は、学校の教室や体育館にいるだけで緊張しましたし、音楽室等の特別教室に初めて入る時、とてもドキドキしたものですよね。それが、卒業式を迎える頃になれば、友人も増えますし、自宅で過ごす時と同じように、学校内でリラックスできる事が多くなっています。何度も見慣れた事によって、緊張しなくなるのです。

面接の場合は、場所は会社ごと、毎回初めての体験をしてしまうのは避けられませんが、面接内容についてはある程度シミュレーションをする事が可能ですよね。面接でよく聞かれる事の例はインターネットや本等でも特集される程ですから、基本的な受け答えは絶対に練習しておきましょう。その際、頭の中だけで練習するのではなく、家族や友人等、様々な人にお願いして、面接の流れを何度も実際に声を出して会話するようにするのがベターです。面接の練習でなくても、自宅の近所ですれ違った人にあいさつをして、普段から知らない人ともいきなり会話できるようにするのも良いですね。

そして、第二に、面接直前でもリラックスできる方法を覚えておきます。面接の待ち時間から、緊張状態が高まりだすのは仕方のない事です。普段からそういう時には、簡単なリラックス方法を実践するクセをつけておきましょう。例えば、意識して息を深呼吸を繰り返すとか、肩を軽く回してストレッチをする、リラックス効果の高い香りをかぐ、といった方法で構いません。これらはリラックス効果があるとされている行動ですが、普段からリラックスのためにやるというクセをつけていれば、「これをすれば緊張は解けるんだ」と自分自身に思い込ませる事によって、プラシーボ効果を期待できます。