自分で押すだけ、簡単リラックス!覚えておきたいツボはこれだ!

仕事等で忙しい日々を過ごしていると、徐々に集中しづらくなり、能率が下がってしまいます。「もしも集中し続けられたら、ずっと効率よく作業に取り組めるのになぁ…」と、考えてしまいますよね。しかし、実際には集中し続ける事は不可能です。なぜなら、人間は元々、長時間集中できない生き物で、1時間以上集中し続ける事は出来ません。長い時間集中するためには、間に軽く休憩を挟みながら作業する事が前提です。それに、集中して作業をし続けていると、だんだん疲れが溜まったり、ストレスでイライラしてしまいます。集中力は、肉体が健康な時で、ある程度リラックスした状態の時に最も発揮されますから、なるべく疲れやストレスを溜めないようにしなければなりません。

そんな疲れやストレスを手軽に解消する方法の一つとして、ツボ押しがあります。ツボには、様々な病気を改善する効果があると言われていますが、リラックスできるツボというものもきちんと存在します。今回はその「リラックスできるツボ」を紹介します!自力で簡単に押せるツボばかりですので、是非試してみて下さいね。リラックスできるツボは主に体の3か所にあります。それは「顔」「手」「足」です。

まず、「顔」にあるツボ。眉毛の内側のくぼみにある攅竹(さんちく)、逆に眉尻の辺りにある絲竹空(しちくくう)、つい疲れた時に無意識に触ってしまう、目頭の内側のくぼみの辺りにある晴明(せいめい)があります。目の近くにあるツボなだけあって、眼精疲労に効果があります。

次に、「手」にあるツボ。手の甲側だと、人差し指と親指の付け根が繋がる部分にある合谷(ごうこく)が、頭痛を始めとして、様々な体調不良に効果のあるツボとして有名です。手のひら側では、手のひらの真ん中辺りにある労宮(ろうきゅう)が血行を良くして、疲労回復に効きます。手のひらのツボは位置が分かりやすく、いつでも押しやすいので、疲れを感じた時には押すクセをつけて覚えておくと効果的です。

最後に、「足」のツボ。足の甲側で、こちらも人差し指と親指の付け根の間ぐらいにある行間(こうかん)がイライラや不眠を解消します。足の裏では、足の裏のちょうど真ん中くらいに、腎臓区という血行を改善して体をほぐしてくれるツボと、腎臓区のすぐ上に湧泉(ゆうせん)という疲労回復のツボがあります。足の裏のツボは、青竹踏みや、市販されている足ツボ板を使うと、より簡単に刺激できます。

自分でツボを刺激する時に、どのくらいの力を入れればいいのでしょうか?ツボ押しの基本として、手の親指の腹を使って、「5秒くらい押してから、ゆっくり指を離す」という刺激をやや強めに、数分続けます。但し、やりすぎは禁物ですし、痛いと思う箇所であればさすったりする程度でも問題ありません。ツボを押す時は息を吐きながら、力を抜くときは息を吸うと、よりリラックスするのに効果的です。

ツボ押しは自力でも簡単にできますが、ストレスや疲れがかなり酷いのであれば、正確なツボ押しをしてくれるプロのマッサージを受けるのも選択肢の一つとしてオススメです。マッサージ師の中にはツボ押しの資格を持ってない人もいますので、事前にあん摩マッサージ指圧師の国家資格をもった専門家を探すといいでしょう。また、ツボ押しは誰にでも万能と言う訳ではありません。例えば、妊娠中の女性や風邪等で高熱がある時、外科等の手術を受けたばかりの人等、普通の健康状態ではなく、体調に何か不安のある人はツボ押しマッサージで悪い症状がでる可能性もあるので、注意が必要です。その判断が難しい人も、念の為に専門家の指示を仰いだ方がいいでしょう。

誰でもスピード解決!集中できない人の為の簡単掃除マニュアル

人には得手不得手があります。どうしても、苦手な事に対しては、なかなかやる気が出てこないのも仕方のない事かもしれません。例えば、身近なものだと「掃除」です。物をきちんと整頓できなかったり、汚れを綺麗に落とす作業が疲れる、時間をかけるのが面倒だから掃除が嫌い、という人は身近な友人知人にも多いのではないでしょうか。

一人暮らしをしている独身の間であれば、多少部屋が汚くても気にしなければ怒られる事もありませんし、自分が呼ばなければ客人にに見られる事もありませんから、掃除をしなくてもなんとかなります。ところが所帯を持つと、大きな家に住むようになりますから、すぐホコリや汚れが色々な場所に増えていきます。それなのに、自分自身の知り合いだけでなく、奥様の町内会の友人、旦那さんの会社の同僚や、子供の友人や学校の先生等、家族の知り合いも客人として訪問する事が増えますから、全く掃除しないという訳にはいきません。

掃除に苦手な人は、掃除をしなければならないと分かっているのに、ちょっとした事で気を散らしがちです。嫌いなものに集中できないのであれば、まず好きになる事から始めよう…と、よく言われますが、それが掃除だと、簡単な事ではありません。そのような人が掃除に集中する為には、どうしたら良いのでしょうか?

掃除に集中できるようになるのに重要するべきポイントは「短い時間でちょっとだけ掃除に取り組む」事です。まず、掃除に苦手な人が、長時間掃除する習慣を身につけるのははっきり言って難しい事です。掃除に集中できなければ気が散ってしまい、無駄な時間を過ごしてしまいます。気が散ってしまえば、中途半端に作業を中断する事もありますから、余計に片付ける場所が増えてしまう可能性もあります。それに、人間は元々長時間集中する事ができない生き物ですから、1時間以上集中した状態を継続するのは不可能です。ですから、掃除をする時には短い時間…具体的には15~30分程度で取り組むのが効率的なのです。

次に、掃除する場所は自分で決めた特定の場所だけにします。15~30分程度で掃除するのですから、物理的に考えても沢山の場所は掃除できませんよね。ですから、最初から決めた場所だけ掃除して、他の場所は思い切ってその日は諦めてしまいます。今日は台所に30分、明日はお風呂を30分…というようにローテーションするといいでしょう。ただ、どうしても汚れが気になってしまう場所に気付いてしまう事があります。今日は台所の掃除の日だけど、リビングの床がちょっと汚いなぁ…とか。そういう時は、やる気があるなら軽い休憩を挟んで、30分程度で掃除してしまいましょう。やる気がなければ、5~10分程度で気になる汚れを拭き取る程度にするか、翌日以降に取り組もう、と決して無理をしないようにして下さい。疲れてやる気が出なくなってしまっては意味がありませんから、心に余裕を持ちましょう。

そして、掃除が苦手なのだから、掃除以外の方法でごまかす手段を用意しておくと便利です。例えば、客人が急に訪問する事になったとしたら、リビング、トイレ等の客人が最も利用する可能性の高い場所を真っ先に確認しましょう。時間がなければ落とせないような汚れは、壁であればカレンダー等ですぐに隠す事が出来ますから、汚れを落とすのに躍起になる必要はありません。単純に物が散らかっているのであれば、とりあえずまとめてバッグや箱等の入れ物に詰めて、利用しない部屋や物置に一度押しこんでしまうのも有効です。詰めた物が沢山あったとしても、後日、掃除方法と同じ様に、30分かけて片付ければ良いのです。

音楽を聞けば集中&リラックスできる!?本当に効果があるの?

音楽が好きか嫌いかと聞かれたら、音楽が好き!と答える人が殆どですよね。中には音楽鑑賞が趣味で、普段通勤中でもお気に入りの音楽を聞き、「NO MUSIC, NO LIFE」、つまり音楽なしには生きられない!と言うほど音楽を愛してやまない人も多いはず。何故音楽が好きになるのかと尋ねられたら、なんといっても好きな音楽を聞くと楽しい気分で満たされるからでしょう。音楽を聞く事は、人間の精神面に対する影響が大きいというのは有名ですよね。

ですから、好きな音楽を聞く事で、勉強や仕事に集中するという人もいますよね。集中しやすい方法として、音楽を聞く事を挙げる本や雑誌も少なくありません。しかし、音楽を聞いても集中するのにあまり効果がない人や、音楽を聞かない方が集中できるという人もいます。音楽を聞く事は、本当に集中するのに効果があるのでしょうか?実は、音楽を聞く事で集中しやすくなるには、いくつかのパターンがあります。そのパターンに該当しなければ、集中するのにあまり効果がない事もあります。

一般的には集中しやすい音楽として、よくクラシックや環境音を収録したヒーリングソングを流すと良い、と言われる事があります。人間が集中力を持続するには、ある程度リラックスしている状態で集中する事が最も効果的です。ですから、ヒーリングソング等の癒し系の曲を聞くとリラックスできますから、集中するのに効果があるという考え方です。しかし、人によってはそのような音楽を聞くと眠くなる場合もありますよね。実は、「リラックス」の状態にも2種類あります。既に述べた、集中しやすくなる状態だけではなく、頭がぼーっとして、ゆったりとした気分になる状態も「リラックス」に該当します。簡単に区別すると、脳が覚醒しているかどうかの違いだけです。うまく眠れない人が、クラシック等の音楽を聞いて眠る、という話も多いですよね。このように覚醒していないリラックス状態は、体を休息させるのに向いています。人によっては、音楽を聞く事によってこちらのリラックス効果が出てしまう事があるので、逆効果になってしまうのですね。

次に、集中したい時に何故音楽を聞くのかを考えてみて下さい。例えば、自宅で日中に勉強しようと思ったら、近所で土木工事をしていて、その音がうるさいからヘッドホンで音楽を聞いて、工事の音を聞こえないようにした事はないでしょうか?逆に、深夜に勉強しようと思ったけど、静かだと何故か落ちつかなくて、音楽を聞くという場合もありますよね。人が集中しやすくなるには「ちょうどいい音量」があります。周りがうるさいのであれば当然気が散ってしまうので集中できませんし、全くの無音の空間では、不安感を感じる為、集中しづらくなります。ですから、うるさ過ぎず、静かすぎず、という状態が最も集中しやすくなります。つまり、音楽は自由に音量を調整できますから、それによって集中しやすくするという方法です。元々、作業する空間がちょうど良い音量の空間であれば、音楽が不要でも不思議ではありません。

そして、音楽を聞く事が作業に集中するモチベーションを上げる、というパターンがあります。苦手な勉強をただ闇雲に取り組もうとしてもすぐに集中できませんが、例えば「好きな音楽を1~2曲聞く間だけ、覚えたい英単語を繰り返し書いて覚えよう」という単純な暗記作業なら、音楽のテンポに合わせるようにペンを動かしているうちにだんだんエンジンがかかり、曲が終わる頃までにはしっかり集中できています。ですから、「あの曲のサビを聞いている間に書いた単語だ」というように、後になっても覚えていられるのですね。

仕事のお供に最適!コーヒーのリラックスパワーと知られざる効果

独特の苦みが特徴的な飲み物、コーヒー。その独特の苦みを子供のうちはまだ楽しめない事が多いですから、コーヒーは大人の飲み物、とよく言われますね。優秀なビジネスマンが多く集まる国、アメリカでは、「コーヒーがなければ生きていけない」と言われるほどコーヒーは日常で欠かせない飲み物で、国民の9割が日常的に飲むほどコーヒーを愛しているのだそうです。コーヒーには、「頭をスッキリさせて、頭の回転を早くさせるので、考え事がすぐにまとまる」と言われています。ですから、コーヒーをよく飲む人が多いアメリカには、優秀なビジネスマンが自然と多くなるのかもしれません。少し前まで日本だと、コーヒーはちょっと珍しい飲み物でした。しかし、今ではオフィスワークのお供や、普段から家でもドリップしたコーヒーを飲んでいる、という人も珍しくありませんから、コーヒーはかなり身近な存在になったと言えますね。

コーヒーが、仕事のお供に最適と言われるのには、コーヒーによるさまざまな効果が、集中力を高めるからです。最も有名なのは、「コーヒーは眠気覚ましに効果的」という事でしょうか。人間は、眠気が強い時は、何か作業に集中したいと思っていても、集中する事ができません。眠気が強い時は、大きなあくびを何度もかいてしまう、という経験がありませんか?実はあくびは、脳に酸素が不足している事を知らせるサインです。脳が酸欠状態になると、脳は活性化する事が出来なくなってしまう為、思考力が弱まります。これが眠気の強い時に集中できなくなる流れです。コーヒーを飲むと、眠気が覚めるようになるのは、コーヒーに含まれる成分である「カフェイン」に、脳が眠くなってしまう原因である、睡眠物質の働きをブロックしてくれる効果があるからです。

他にも、コーヒーの香りには脳をリラックスさせる効果があります。強く集中できるようになるのは良い事のように思えるのですが、あまりに集中し過ぎると体が緊張してうまく喋れなくなったり、体が固くなりすぎてしまう事があります。そうなると、疲労が溜まりやすくなり、「長い時間集中し続ける」という事が難しくなってしまいます。集中力を長持ちさせるには、適度にリラックスした状態で集中する事が最も効率が良いので、コーヒーのリラックスパワーは効果的です。

又、コーヒーには頭痛の痛みを静める効果もあります。仕事等で、難しい考え事をしたりすると頭が痛くなる、という事がありますし、女性なら偏頭痛に悩まされているという人は多いですよね。体に強い痛みを感じていると、その痛みに意識が向かってしまい、気が散って集中しづらくなってしまいます。頭痛の痛みは、主に頭の血管が拡張する事によって発生するのですが、コーヒーのカフェインには、血管を収縮させる効果があるため、痛みが弱まるのです。

これらの事から、集中して物事に取り組みたい時に、コーヒーを飲む事は、きちんとした根拠もあるのでとてもオススメです。但し、集中力がつくのに効果があるからといって、コーヒーを何杯も飲む事は避けましょう。コーヒーには、カップ1杯で約100mgのカフェインが含まれています。実はカフェインには摂取量の限度があり、1度に摂取していいカフェインは200~300mg程度、1度摂取したら2~3時間くらい時間を空けて摂取する事が望ましいとされています。具体的には、1日にコーヒーを10杯以上飲んでいたら、十分「飲み過ぎ」です。カフェインを摂取しすぎると、カフェイン中毒になり、不眠症、貧血、不整脈、不安感に襲われる等、健康に害を及ぼす事があります。