ストレスとは

「ストレス」とは、元々は力学の用語で、バネを伸ばしたり縮めたりするような応力の事を指していました。しかし最近では、心理的に負荷を受けているような状態を指す言葉としての意味で使われる事が殆どです。人との会話上で「ストレス」という単語が出ると、人が心理的に緊張したり、ドキドキしたり、イライラしたりする状態を指していますよね。

ストレス、と聞くと極度のプレッシャーを感じている状態、苦しい状態というマイナスのイメージが強いのではないでしょうか。実際に、肉体的なストレスはもとより、精神的なストレスが人体に及ぼす影響はとても大きなもので、軽視する事はできません。ストレスによって、少しブルーな気持ちになるだけであれば問題ありませんが、ストレスを受け続ける状況が長期間続くと、頭やお腹が痛くなるといった肉体的な不調や、うつ病や急性ストレス障害等の精神的な不調が出てしまい、健康状態にもあまり良くありません。

大きな事件に巻き込まれたり、地震等の災害に遭った時等、極度のストレス状態に陥った場合、心的外傷後ストレス障害となり、心身に支障をきたし、普段の生活もままならないほどの精神的な後遺症が残ってしまう事もあります。ウイルス等による、普通の肉体的な体調不良は治療できます。しかし、基本的にストレスによる体調不調は、本人を囲む環境等を根本的に変えていかないと治療できない事が殆どです。現代社会では、人間関係によるストレスがどの年代にも多く、学校でのいじめや男女関係、ご近所騒動等、社会問題としてもしばし、テレビや雑誌でも取り上げられます。

ですから、「ストレスなんてなくなっちゃえばいいのに…」なんて考えてしまいますが、実はストレスにも良いストレス、悪いストレスがあります。例えば、適度な運動や、学校や会社で沢山の人の中で暮らす事もストレスと言えるのですが、それだけで体調不良になったりはしませんよね。適度な運動を繰り返す事によって、だんだん走る事が上手くなり、短距離走で目標のタイム結果を出す事ができるようになれば、また次も頑張ろうという気持ちになります。学校や会社では、最初は知らない人ばかりで緊張しますが、徐々に仲良くなっていけば、一緒に遊びに行ったり、付き合いの深いかけがえのない友人ができたり、会社で大きなプロジェクトを成功させる、といった事も可能になりますよね。

人間が成長する上で、絶対に必要なストレスもあり、適度なストレスであれば、そのストレスを乗り越えた時、大きな達成感を得る事ができます。むしろ、ストレスがなければ、人間はいつまでたっても成長できないのです。

集中力を長続きさせる事においても、ストレスは重要な関わりがあります。悪いストレスがたまっている状態で、精神的にイライラして落ちつかなかったりすれば、うまく集中する事が出来ません。勿論、ストレスによる体調不良で頭やお腹が痛い、といった時にも、その痛みに気が散ってしまいますから、こちらもうまく集中する事ができません。ですから、ストレスの原因を取り除き、リラックスした状態になる事が望ましいのです。リラックスできる方法は様々なものがあり、人によって合う、合わないがありますので、自分に合った方法を探さなければなりません。

当サイトでも、集中しやすくなる為の方法として、リラックスするための様々な方法をご紹介しています。軽度のストレスや軽いイライラであれば、手軽なリラックス方法で十分発散できます。体をリラックスさせる事ができれば、自分のイメージ通りに自由自在に集中できる事、間違いなしです!

1.現実主義者が、具体的に強くなる方法を考える
自分を変えられるあなた向けの方法を教えてくれます。

2.高校受験.COM
高校受験の効率よい勉強法や受験対策を伝授。

3.少年サッカーの指導方法ガイド-子供に上手に教えるには-
サッカーが上手くなりたい、上手く教えたい人へのこつを伝授。

4.暗記方法ガイド
暗記が苦手でもこのサイトで暗記名人になりそうです。