仕事のお供に最適!コーヒーのリラックスパワーと知られざる効果

独特の苦みが特徴的な飲み物、コーヒー。その独特の苦みを子供のうちはまだ楽しめない事が多いですから、コーヒーは大人の飲み物、とよく言われますね。優秀なビジネスマンが多く集まる国、アメリカでは、「コーヒーがなければ生きていけない」と言われるほどコーヒーは日常で欠かせない飲み物で、国民の9割が日常的に飲むほどコーヒーを愛しているのだそうです。コーヒーには、「頭をスッキリさせて、頭の回転を早くさせるので、考え事がすぐにまとまる」と言われています。ですから、コーヒーをよく飲む人が多いアメリカには、優秀なビジネスマンが自然と多くなるのかもしれません。少し前まで日本だと、コーヒーはちょっと珍しい飲み物でした。しかし、今ではオフィスワークのお供や、普段から家でもドリップしたコーヒーを飲んでいる、という人も珍しくありませんから、コーヒーはかなり身近な存在になったと言えますね。

コーヒーが、仕事のお供に最適と言われるのには、コーヒーによるさまざまな効果が、集中力を高めるからです。最も有名なのは、「コーヒーは眠気覚ましに効果的」という事でしょうか。人間は、眠気が強い時は、何か作業に集中したいと思っていても、集中する事ができません。眠気が強い時は、大きなあくびを何度もかいてしまう、という経験がありませんか?実はあくびは、脳に酸素が不足している事を知らせるサインです。脳が酸欠状態になると、脳は活性化する事が出来なくなってしまう為、思考力が弱まります。これが眠気の強い時に集中できなくなる流れです。コーヒーを飲むと、眠気が覚めるようになるのは、コーヒーに含まれる成分である「カフェイン」に、脳が眠くなってしまう原因である、睡眠物質の働きをブロックしてくれる効果があるからです。

他にも、コーヒーの香りには脳をリラックスさせる効果があります。強く集中できるようになるのは良い事のように思えるのですが、あまりに集中し過ぎると体が緊張してうまく喋れなくなったり、体が固くなりすぎてしまう事があります。そうなると、疲労が溜まりやすくなり、「長い時間集中し続ける」という事が難しくなってしまいます。集中力を長持ちさせるには、適度にリラックスした状態で集中する事が最も効率が良いので、コーヒーのリラックスパワーは効果的です。

又、コーヒーには頭痛の痛みを静める効果もあります。仕事等で、難しい考え事をしたりすると頭が痛くなる、という事がありますし、女性なら偏頭痛に悩まされているという人は多いですよね。体に強い痛みを感じていると、その痛みに意識が向かってしまい、気が散って集中しづらくなってしまいます。頭痛の痛みは、主に頭の血管が拡張する事によって発生するのですが、コーヒーのカフェインには、血管を収縮させる効果があるため、痛みが弱まるのです。

これらの事から、集中して物事に取り組みたい時に、コーヒーを飲む事は、きちんとした根拠もあるのでとてもオススメです。但し、集中力がつくのに効果があるからといって、コーヒーを何杯も飲む事は避けましょう。コーヒーには、カップ1杯で約100mgのカフェインが含まれています。実はカフェインには摂取量の限度があり、1度に摂取していいカフェインは200~300mg程度、1度摂取したら2~3時間くらい時間を空けて摂取する事が望ましいとされています。具体的には、1日にコーヒーを10杯以上飲んでいたら、十分「飲み過ぎ」です。カフェインを摂取しすぎると、カフェイン中毒になり、不眠症、貧血、不整脈、不安感に襲われる等、健康に害を及ぼす事があります。